アルファ156 中古車販売 世田谷区

長野県 K様

スタイル抜群の状態のいい156を探していました。

古さを感じさせないデザインに惚れ惚れします。

156 (1) 156 (2) 156 (5) 156 (29) 156 (30)156 (33)

 

156は、イタリア自動車メーカーアルファ・ロメオ1997年から2005年にかけて製造、販売していた中型セダン155の後継にあたり、スポーツワゴンもラインナップする。アルファ156とも呼ばれる。アルファ・ロメオ史上、商業的に最も成功したモデルとされる

 

1997年のフランクフルトモーターショーで生産型が発表され、日本では1998年5月に1度発売された。1998年度のグッドデザイン賞を受賞している。デザインはワルター・ダ・シルバが担当。

日本仕様車のエンジンは2リッター直列4気筒と、2.5リッターV型6気筒の2種類。トランスミッションは当初2リッターには5段MT、2.5リッターには6段MTが組み合わされ、後にそれぞれセレスピード(フェラーリのF1ギアシステムを元にしたセミオートマ)、2.5リッターには4段Qシステム(MTのようなシフトレバーを持つAT)が追加された。

2002年7月には、2リッターエンジンはそれまでのツインスパークから三菱自動車のGDIエンジンのパテントを獲得した直噴エンジンJTSに換えられ、さらに3.2リッターV6エンジン搭載のスポーティモデルGTAがラインナップに追加された(詳細は後述)。しかしツインスパークが姿を消した事によって「アルファらしいエンジンが無くなってしまった」と嘆くファンも存在している。

2003年9月に外観を変更し、ジョルジェット・ジウジアーロのデザインしたアルファロメオ・ブレラに似たフロントマスクが採用された。

copyright all rights reserved.