トランポにも タウンボックス 世田谷区 中古車販売

写真[1] securedownload securedownload4 securedownload5

セミキャブオーバーのミニキャブバンをベースに、乗用車化を図ったのが軽自動車のタウンボックス。

 

後輪駆動とパートタイム4WDの2種の駆動方式をもつ。
(本車両は、後輪駆動)

 

グレード展開は駆動方式に関係なく、64馬力のターボエンジンを搭載するモデルがRX、48馬力のリーンバーンエンジンを搭載するのがLXとSX。
(本車両は、LX)

 

車格的にはリモコンドアミラーやアルミホイールを標準装着するLXが上。前後ともにセパレートシートを採用し、ゆったりとした乗車空間を実現。

 

リヤシートはリクライニングが可能となる。スペースアップ時、リヤシートは前にフォールダウンする設計としてフラットなラゲッジスペースを作れる。

 

また、フロントシートのヘッドレストを外してリヤシートと連結すれば、リヤシートバックまでのフルフラットシート化が可能。

 

全グレードでハイルーフとサンルーフの2タイプのルーフが選べる。
(本車両は、ハイルーフ。)

 

安全装備として全車に運転席エアバッグ、フォースリミッター付きシートベルトを標準で装着する。

 

【本車両の詳細】

 

・H11年登録。

 

・走行127,500キロ

 

・車検27年12月21日

 

・タイミングベルト 9万キロ台の時に交換済

 

・オーディオ AUX端子付き

 

☑エアコン・ヒーター問題なし

 

☑パワステ・パワーウインドウ 計器類問題なし

 

☑ミッションの滑り無し

 

☑内外装キレイ

 

【出品車インプレッション】

 

・このモデル平成23年までマイナーチェンジは、あるものの全く古さを感じさせません。

 

・前オーナーは、かなりキレイ。丁寧にクルマを手入れしていたものと思います。

 

・足回り、走りも申し分ありません。

 

・値段の高いNBOXやダイハツのウエイクを無理して用意しなくても、このタウンボックスは、価格は、NBOXの中古車を買うことを考えても大幅に安く 機能性も快適性もそこそこです。

 

機能性抜群・価格も安い 使える タウンボックスはいかがでしょうか?

copyright all rights reserved.